20011105

アフガン攻撃反対
守れ国民の安全と命

航空労働者500人が集会・デモ


 「安全といのちを守る共同行動」が十月二十四日、東京で行われた。この行動は航空労組連絡会(航空連)や日本乗員組合連絡会議(日乗連)などが呼びかけて行われたもの。制服姿の機長や客室乗務員など航空労働者約五百人は「報復戦争は民間航空の安全を脅かす」「乗客の安全を守るためにも労働条件の改善を」と訴え、デモを行い、国土交通省前や日航本社前などで要請行動を行った。国交省では、安全性の低下をもたらす規制緩和の見直しと長時間乗務の是正の指導などを求めた。また、日比谷野外音楽堂で行われた共同集会で内田妙子・航空連議長はわが国の対米支援への懸念と規制緩和による労働条件悪化に対する改善を強く訴えた。

ページの先頭へ