ホーム労働新聞最新号党の主張(社説など)/党の姿サイトマップ

2017年4月25日号 1面

第88回メーデースローガン/
アピール

対米従属、アジアの緊張あおる安倍政権倒せ
米帝国主義の侵略・戦争策動と闘おう
歴史的激動期に応える革命政党の建設を

労働者の生活危機打開、権利擁護のために

・すべての労働者に大幅賃上げを! 最低賃金を即刻、時給千五百円に!
・首切り反対! すべての労働者に職を!
・労働法制の改悪、解雇の金銭解決反対! 「脱時間給」導入反対! 過労死容認の残業規制反対! 長時間労働・過労死、タダ働き残業を許すな! すべての労働災害を雇用者責任に!
・派遣などの間接雇用と偽装雇用の禁止! 非正規労働者の権利確立!
・女性労働者の権利を守れ!
・公務員の賃下げと人員削減反対! ストライキ権を取り戻そう!

国民生活・国民経済の再生のために

・国民経済の再生、国民生活の発展で経済再建を!
・日米新経済対話反対! 自動車・農産物などへの理不尽な要求をはねのけよ!
・熊本・東日本両震災被災地で住民のための復興を! 原発事故被害者に十分な賠償を!
・生産者米価を大幅に引き上げよ! 農家への直接支払制度の確立!
 大資本による農水産物買いたたきを規制せよ! 農民を無視した農協改革反対!
・自営業者、中小零細企業の経営を保証せよ! 外形標準課税の中小企業への適用反対!
・消費税再増税反対! 勤労国民に減税を!
 公共料金の値上げ反対! 社会保障制度の改悪反対!
 認可保育所の大幅増設! 給付型奨学金の大幅拡充!
 「財政再建」は大銀行・大企業の負担で! 法人税減税など大企業優遇税制の廃止!
 日銀による量的緩和、マイナス金利反対!
・大企業のための規制緩和反対! 国民のための交通政策を! ライドシェア反対!
・住民のための地方振興策を! 住民サービスの削減反対! ローカル線廃止反対!
・独立・自主の資源・エネルギー、食料政策の確立!
 原発再稼動反対! すべての原発を廃炉に!
 食料の完全自給! 農産物の国境措置を強化せよ!
・労働者階級は国民諸階層の要求を支持し、闘いの先頭に!

国の独立・自主、アジアの平和のために

・米戦略の先兵・安倍政権を打ち倒せ! 安倍政権の「独立」はニセものだ!
・米国による朝鮮民主主義人民共和国への軍事的包囲・圧迫反対! 朝鮮との即時無条件の国交正常化!
・名護市辺野古の新基地建設阻止! 県民への弾圧をやめよ! 普天間基地の即時閉鎖!
 日米地位協定を全面改定せよ! すべての米軍基地の撤去!
 安保法制廃止! 軍事費を減らせ! 武器輸出反対! 南西諸島への自衛隊増強反対!
・「テロ対策」を口実とする「共謀罪」反対! 憲法改悪反対!
 マイナンバー制度廃止! 特定秘密保護法廃止!
 教育の反動化反対! 排外主義反対!
・平等互恵の東アジア経済共同体推進を!
 中国、アジア諸国との民間交流の積極推進!
 米日による南シナ海問題への干渉反対! アジアから米軍基地を撤去せよ!
・日米安保条約破棄! 国の完全独立を!

国民的戦線構築と革命政党の建設を

・広範な国民的戦線を構築し、独立・自主の政権樹立を!
・公明党は連立政権から離脱せよ!
・安倍政権の社会的支柱、連合中央幹部を徹底的に暴露し、打ち破れ!
 労働運動を革命的に再建し、ストライキで闘おう! 労働運動は国民運動の先頭に!
・議会唯一主義で米帝国主義と闘わぬ共産党にダマされるな!

・先進的労働者は日本労働党に結集し、強固な革命政党を建設しよう!
・全世界の労働者階級は団結し、中小諸国・人民と連帯し、米追随に反対する帝国主義諸国とも連携して、戦争と紛争の根源・米帝国主義と闘おう!
・第88回メーデー万歳!


第88回メーデーに際し、全国の労働者に訴える(日本労働党中央委員会)

 全国の労働者の皆さん!
 第八十八回メーデーに際し、日本労働党は熱烈なあいさつを送ります。
 トランプ米政権の誕生、米国による朝鮮半島情勢の緊張と中東の騒乱など、世界は歴史的変動期に突入しています。労働者階級の歴史的役割が問われています。
 日本労働党は、全国の労働者階級の皆さんに呼びかけます。
 職場での闘いを基礎に、労働者全体、さらに国民諸階層の生活危機を打開するために闘いましょう。併せて、アジアの平和とわが国の独立をめざして広範な戦線を形成し、対米従属の安倍政権を打ち倒しましょう。

世界は歴史的変動期にある
 英国国民投票での欧州連合(EU)「離脱」、欧州での極右勢力の台頭、米国でトランプ政権が誕生し、すぐさま中東の戦乱を激化させ、朝鮮半島の軍事的緊張を高めるなど、政治の激変が続いています。この傾向は、今後ますます発展するでしょう。
 リーマン・ショック以降の危機は、いちだんと深刻な局面に入りました。人民の貧しさゆえに商品は売れず、世界的な低成長は長期化、資本主義は末期症状を呈しています。米国の衰退と中国の台頭という、世界経済の構造変化も進行しています。
 各国支配層は、労働者・人民、さらに他国に犠牲を転嫁して危機を切り抜けようと必死です。人民は格差拡大への怒りと不満を高め、内乱、暴動、デモなどの闘いが激化しています。「ポピュリズム」の台頭も、人民が既存の政治・政党への幻想を捨てつつあることの証左です。
 世界は、「戦争を含む乱世」の様相をますます濃くしています。
 帝国主義者、多国籍大企業が人民の犠牲で危機を乗り切るか、労働者階級、とくに先進国の労働者が断固たる闘いで前進するか、世界情勢の推移はこの競争にかかっています。
 世界の支配層は現状に耐え難くなり、人民が闘っていようがいまいが襲いかかってきます。支配層の弱さのあらわれで、世界の労働者階級が腹を据えて闘えば前進できます。

トランプ政権による歴史の巻き返し
 トランプ政権の誕生は、「資本主義の総本山」である米国内の階級矛盾が、耐え難いまでに深まっていることを示しました。
 トランプ大統領は「米国第一」を掲げ、生活苦にあえぐ製造業労働者の不満を利用して勝利しました。トランプ政権は、金融を中心とする経済力の復活と強大な軍事力により、米国の衰退を巻き返そうと企んでいます。しかも、米国内での雇用創出や米国製品の押し売りなど、他国の犠牲で実現しようとしています。
 安全保障・外交面では、シリア、アフガニスタンへの無法な軍事攻撃で多くの人民を虐殺、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)への政治的・軍事的圧迫も強めています。狙いは朝鮮の「核」への対処だけでなく、大国化する中国へのけん制です。中国、日本、ドイツなどへの経済的要求も本格化させつつあります。
 トランプ政権の策動は悪あがきにすぎず、破綻は必至です。それでも、諸国間の対立激化は避けられず、世界は地獄への道連れにされかねません。
 米帝国主義による侵略、戦争策動との闘いは急務です。中小諸国・人民と連帯し、帝国主義ではない大国とも時に連携し、さらに帝国主義国間の矛盾も利用して、米帝国主義との闘いを強めなければなりません。

内外の危機にのたうつ安倍政権
 わが国は、避けられぬ「トランプ津波」に激しく揺さぶられます。
 安倍政権の支持率の高さを支えてきたアベノミクスは、行き詰まっています。日銀による緩和政策は限界で、財政危機も深刻です。「トランプ津波」はこれをさらに加速させ、アベノミクスを支えた条件は破綻、安倍政権の戦略は「総崩れ」となりつつあります。
 労働者、国民は、ますます貧困化させられています。
 上がらぬ実質賃金、増税や社会保障制度改悪など、大企業の収奪と悪政には際限がありません。政府の「働き方改革」は、過労死レベル以上の残業を合法化するものです。労働者の生活は、ますます厳しくなります。
 農民や中小商工業者の経営は困難をきわめ、地方は疲弊する一方です。
 日米新経済対話の場などで、トランプ政権からの要求がエスカレートすることは必至です。農畜産物のさらなる市場開放、自動車製造拠点の米国移転などとなれば、国民経済・国民生活が重大な被害を受けます。
 一方、アベノミクスによる資産効果や減税などで、多国籍大企業や内外投資家はボロ儲(もう)けです。国民大多数が、大企業・投資家による収奪強化にさらされています。
 安倍政権は「強い日本」などと、わが国を独立させるかのように装っていますが、欺まんです。安倍政権は、トランプ政権の冒険的策動に世界で唯一追随し、「対中国」の矢面に立っています。朝鮮半島の緊張を高め、国民の命と財産を危険にさらしています。
 さらに、沖縄県名護市辺野古への新基地建設、輸送機オスプレイの配備、原発再稼働、「共謀罪」など、対米追随の下でアジアの大国として登場する策動を強化しています。東アジアを戦争に引きずり込みかねない亡国の道です。
 国の独立をめぐり、安倍政権による「ニセ独立」か、国民大多数のための独立の道かが争われています。独立・自主の政権を樹立しててこそ、内外の危機を打開し、日本・東アジアの平和に貢献できます。

労働運動の再建を進めよう
 安倍政権に対する国民の批判は高まっています。保守層の一部さえ、わが国の進路への懸念を深めています。労働運動を中心とする広範な戦線と運動で、安倍政権を打ち倒す条件は拡大しています。
 わが国労働運動は、一九五〇年代の全面講和をめぐる闘い、六〇年の安保闘争、七〇年前後の沖縄復帰闘争など、国の進路をめぐって国民の先頭で闘った誇るべき歴史を持っています。九五年の少女暴行事件を契機とする沖縄県民の闘いと、これと連帯した全国の闘いも、労働運動を中心とする大衆行動こそが政治を動かせることを示しています。
 ところが、連合中央幹部は闘いを放棄して「官製春闘」で政権依存を続け、「働き方改革」でも政府と共同歩調を取るなど、いちだんと安倍政権に接近しています。
 労働者には闘う以外に道がないこんにち、この裏切りはますます犯罪的です。ストライキこそが、労働者の最大の武器です。
 真っただ中の中小春闘を断固として闘うとともに、連合中央幹部の策動を打ち破り、連合内外で労働運動の再建をめざして「左派」結集を進めようではありませんか。全国各地には、労働運動を立て直そうと闘っている労組活動家は多くいます。

労働党に結集して闘おう
 労働者階級の歴史的任務が問われています。自らが政権を握ることをめざすべきです。
 民進党には期待できません。旧民主党政権の失敗への総括がなく、自民党と同じ「日米基軸」では、国の基本方向で争えません。
 小池都政は金融資本の代理人で、自民党の亜流です。
 米国を暴露せず、闘いを議会内に押しとどめる裏切り者・共産党には期待できません。
 野党は「選挙共闘」で対処しようとしています。小沢・自由党代表は、性懲りもなく「新党」を掲げています。しかし、安倍・自公政権との明確な政策的対抗軸を示せないようでは、与党に勝てません。
 労働者階級は、議会唯一主義への幻想を捨ててこそ前進できます。
 日米安保条約を破棄して在日米軍基地を一掃し、国民経済・国民生活を守る政権が必要です。支配層内の矛盾を利用し、中間層の要求を支持して共に闘わなければなりません。
 米国による朝鮮への政治的・軍事的圧迫に反対して東アジアの平和を求めること、沖縄県民と連帯する闘いを全国で広げることは、当面する重要な課題です。
 労働者階級の先進的人びとは、戦略のある革命政党を強化しなければなりません。わが党は、そのような政党をめざしています。
 先進的労働者は労働党に結集し、ともに闘いましょう。
 第八十八回メーデー万歳!
 万国の労働者、被抑圧民族は団結せよ!


Copyright(C) Japan Labor Party 1996-2017