ホーム労働新聞最新号党の主張(社説など)/党の姿サイトマップ

2016年4月25日号 1〜2面・メーデースローガン/アピール

第87回メーデースローガン/
アピール

安倍売国政権倒し、独立・自主の政権を
米戦略打ち破り、アジアの平和と共生を実現しよう
乱世を切り開く国民的戦線と革命党の建設は急務

すべての労働者の生活危機打破、諸権利獲得のために
・すべての労働者に生活できる大幅賃上げを! 青年に十分な賃金を!
 全国一律最低賃金制度を確立しよう! 最低賃金を即刻、時給千五百円に!
・総人件費削減をもくろむ政府の「同一労働・同一賃金」にダマされるな!
・首切り反対! すべての労働者に職を!
・雇用・労働の規制緩和反対! いっさいの労働災害を雇用者責任に! 長時間労働を禁止せよ!
・派遣などの間接雇用と偽装雇用の禁止! 非正規労働者の権利確立!
・女性労働者の権利を守れ!
・公務員の賃下げと人員削減反対! ストライキ権を取り戻そう!

国民生活の向上、国民経済の再建のために

・国民経済の再生、国民生活の発展による経済再建を!
 熊本地震被災者への救援を急げ! 東日本大震災を含め、国民のための復旧・復興を!
・生産者米価を大幅に引き上げよ! 農家への直接支払制度の確立!
 大資本による農水産物の買いたたきを規制せよ!
・自営業者、中小零細企業の倒産反対! 長期的に安定的に経営できるように保証せよ!
 外形標準課税の中小企業への適用拡大反対!
・消費税再増税反対! 欺まんの軽減税率反対! 勤労国民に減税を!
 公共料金値上げ、社会保障制度の改悪反対!
 安心して子供を産み育てられる社会制度を! 認可保育所の大幅増設!
 「財政再建」は、大企業と大銀行の負担で! 法人税減税反対!
 多国籍企業のための「成長戦略」を転換せよ!
 日銀による量的緩和、マイナス金利反対!
・独立・自主の資源・エネルギー、食料政策の確立!
 原発再稼動反対! すべての原発を廃炉に! 独立・自主の資源・エネルギー外交の推進!
 農産物の国境措置を強化せよ! 食料の完全自給を!
・労働者階級は国民諸階層の闘いの先頭に!

独立・自主、アジアと共生する外交・安全保障の確立のために

・対米従属で米戦略の先兵役・安倍政権打倒!
・名護市辺野古の新基地建設阻止! 普天間基地の即時閉鎖!
 日米地位協定を全面改定せよ! すべての米軍基地の撤去!
 集団的自衛権行使反対! 安保法制廃止! 5兆円以上の軍事費を減らせ! 南西諸島への自衛隊増強反対!
・「テロ対策」を口実とする治安強化、政治反動反対! 憲法改悪反対!
 マイナンバー制度反対! 特定秘密保護法廃止!
 教育・思想の反動化反対! 排外主義反対!
・環太平洋経済連携協定(TPP)の国会承認反対! 平等互恵の東アジア経済共同体推進を!
 中国、アジア諸国との平和をめざす民間交流の積極推進!
 朝鮮民主主義共和国との即時無条件の国交正常化!
 米日による南シナ海問題への干渉反対! アジアから米軍基地を撤去せよ! アジアの平和を!
・日米安保条約破棄! 国の完全独立を!

壮大な国民的戦線構築と革命政党の建設を

・壮大な国民的戦線を構築し、独立・自主の政権樹立を!
・公明党は連立政権から離脱せよ!
・安倍政権の社会的支柱、連合中央幹部を徹底的に暴露し、打ち破れ!
 労働運動を階級的・革命的に再建し、大規模なストライキで闘おう! 労働運動は国民運動の先頭に!
・議会唯一主義、米帝国主義と闘わぬ共産党にダマされるな!

・先進的労働者は日本労働党に結集し、強固な革命政党を建設しよう!
・全世界の労働者階級は団結し、中小諸国・人民と連帯し、米追随に反対する帝国主義諸国とも連携して、戦争と紛争の根源・米帝国主義と闘おう!
・第87回メーデー万歳!


第87回メーデーに際し、全国の労働者に訴える(日本労働党中央委員会)

 全国の労働者の皆さん!
 第八十七回メーデーに際し、日本労働党は熱烈なあいさつを送ります。
 リーマン・ショック後の危機はますます深刻で、資本主義は末期症状をさらしています。世界は「戦争を含む乱世」です。
 わが国の内外環境もきわめて危機的です。安倍政権の下で国民生活がさらに厳しいことは、労働者の皆さんが日々実感している通りです。政府による熊本地震被災者への救援は遅々としています。安倍政権は米国のアジア戦略を積極的に支え、わが国を亡国に追い込んでいます。
 安倍政権による対米従属政治を打ち倒し、独立・自主の政権を樹立しなければなりません。
 日本労働党は、全国の労働者階級の皆さんに呼びかけます。
 自らの職場で闘うだけでなく、非正規労働者を含む労働者全体と国民諸階層の生活難を打開するために奮闘しましょう。併せて、国の独立の旗を掲げて国民的戦線を形成し、その先頭で闘おうではありませんか


帝国主義との共同した闘いを!
 リーマン・ショック後の危機は、より深刻な局面に入っています。
 世界経済の成長鈍化はあらわで、金融緩和政策に依存した対策は効果がなく、危機の長期化は不可避です。世界資本主義は末期症状を深め、「戦争を含む乱世」です。
 二十カ国・地域(G20)などの国際協調は機能していません。
 経済危機の深まりを背景に、内戦、紛争、「テロ」、難民問題、反政府運動などで混乱をきわめる国が増えています。議会制民主主義を採る欧州や中南米諸国でも、政権交代が相次いでいます。
 米帝国主義は、台頭する中国をけん制する「アジア・リバランス戦略」で、南シナ海や朝鮮半島など、アジアに火種を撒いています。大統領選挙の経過に見られるように、米国内では格差拡大などへの不満が高まり、階級矛盾が激化しています。来年発足する新政権は、深刻な経済に対する不満を「外」にそらす策動を強めることが必至です。
 世界は、米国が衰退する一方で、欧州の帝国主義国だけでなく中国やロシアも大国として台頭する「特殊な多極化」が定着しつつあります。全世界で、米国を筆頭とする帝国主義とその他諸国の対立・闘争が激化しています。米国の策動は悪あがきにすぎません。
 全世界の労働者階級、とくに先進国の労働者は自国支配層と闘って政治を握るためにも、中小諸国、人民と連帯し、さらに中国などの帝国主義ではない大国とも時に連携し、帝国主義国間の矛盾も利用して、米帝国主義と闘わなければなりません。
 その条件は増しており、前進する好機です。

対米従属政治でわが国は危機に
 安倍政権の成立から約三年半、世界経済の新たな危機の下で、わが国はさらに危機的状況です。財政危機もますます深刻です。
 労働者をはじめとする国民の生活は悪化の一途です。低賃金・長時間労働、必需品の価格高騰や消費税増税、社会保障制度改悪など、大多数の国民が貧困化させられています。
 安倍政権が騒いだ「賃上げ」はごく少数の多国籍大企業だけで、中小企業や非正規労働者には無縁です。農民や中小商工業者の経営は困難をきわめ、地方はますます疲弊しています。東日本大震災と熊本地震の被災者、計二十五万人以上が、明日をも知れぬ避難生活を強いられています。大企業は「供給網の寸断」を口実に、リストラを準備しています。
 一方、大銀行や内外の投資家は、円安や資産価値の増大で「わが世の春」を謳歌(おうか)しています。安倍政権は法人税減税を実施、「企業が世界でいちばん活躍しやすい国」などと、「残業代ゼロ」などの労働法制の大改悪も策動し、大企業に奉仕し続けています。
 アベノミクスは、労働者・国民大多数から大企業や投資家への、大規模な所得移転政策であり、この下での「経済好循環」など幻想です。
 わが国の外交・安全保障も危機的です。
 安倍政権は、わが国を「対中国」の矢面に立たせたい米国に従い、軍事大国化を進めています。国民の反対の声を押し切って安全保障法制を施行しただけでなく、沖縄県名護市辺野古への新基地建設、南西諸島への自衛隊配備、武器輸出、TPP関連法案など、米戦略のお先棒を担いでアジアの緊張を高めています。
 熊本地震を、憲法改悪(緊急事態条項)や垂直離着陸輸送機オスプレイ配備の「地ならし」として悪用し、原発の運転も続けています。
 メディア統制、教育の反動化、朝鮮民主主義人民共和国などへの排外主義も強めています。
 国民生活・国民経済と外交・安全保障での危機は、日米安保体制の下で主権を奪われ、米投資家と多国籍大企業に骨の髄まで収奪されていることが根本原因です。
 独立・自主、国民大多数のための政権を樹立し、わが国の進路を切り開かなければなりません。

労働運動を基礎に安倍政権を倒せ!
 安倍政権は、七月の参議院選挙を勝ち抜き、憲法改悪などさらなる亡国の道に進もうとしています。
 安倍政権に対する国民の不満と批判は保守層の中でさえ高まり、広い戦線で闘う条件は増しています。
 安倍政権は沖縄県との「対話」を演出、待機児童問題ではわずかな「対策」でお茶を濁しています。消費税増税の再延期、TPP国会承認の先送りなども策しています。これらの欺まんは、安倍政権が困難に直面していることのあらわれです。
 大衆行動を発展させ、安倍政権を打ち倒さなければなりません。
 野党各党は「選挙共闘」で対抗しようとしています。しかし、安全保障を含む国の進路の問題で、安倍・自公政権との明確な政策的対抗軸を示すことなしに、勝利できるはずがありません。また、ほとんどの野党が深刻な国民生活の課題に無関心です。これでは与党に勝てません。
 労働運動こそ、安倍政権と闘う国民運動の中心に座るべきです。
 ところが、連合中央は「経済好循環」など、政府とほとんど同じスローガンを掲げています。一六春闘でも、民間大企業労組は要求自体が低額な体たらくです。「底上げ」「大手依存の脱却」など空論です。
 世界的危機が深まり、労働者の生活実態からすれば闘う以外に道がないにもかかわらず、連合中央幹部はアベノミクスに期待し、政権を支える社会的支柱となっています。労働運動を再建するため、まずは「左派」が結集し、連合内外で奮闘しようではありませんか。

労働党に結集しよう!
 まさに「戦争を含む乱世」です。労働者階級が政治的に前進するか、支配層が人民に戦争などの惨禍と犠牲を押し付けて「立ち直ろう」とするか、世界の前途は、そのし烈な「競争」にかかっています。
 三年三カ月の民主党政権は、辺野古への基地建設、TPP、消費税増税など「自民党以上に自民党的」と言われる政治で国民を裏切り、当然にも崩壊しました。この総括もない民進党にも期待できません。
 政権入りへの願望から米国を暴露・批判せず、労働者の闘いを議会の枠内に押しとどめる裏切り者・共産党には期待できません。労働者階級は、議会主義への幻想を捨ててこそ前進が可能です。労働者は自らの実力、とくにストライキで闘い、政治を動かし、政権を握るという考え方に立たねばなりません。
 労働者階級は自らが政治権力を握り、「社会主義」をめざさなければなりません。わが国で政治を握るためには、まずは従属的な日米関係の打破をめざすことが、支配階級内部の矛盾を利用し、広範な中間層をひきつけて勝利する上で有利です。
 対米従属の安倍政権を打倒し、国民大多数のための政権樹立をめざす国民的戦線をめざしましょう。沖縄県民と連帯する闘いを全国で広げることは、その重要な一部です。
 労働者階級と各階級の先進的人びとは、労働運動の再建を、意識的、戦略的に追求しなければなりません。そのためには、革命政党を強化することが不可欠です。
 先進的労働者は労働党に結集し、ともに闘いましょう。
 第八十七回メーデー万歳!
 万国の労働者、被抑圧民族は団結せよ!


Copyright(C) Japan Labor Party 1996-2016