ホーム労働新聞最新号党の主張(社説など)/党の姿サイトマップ

 

update 2017-2-25


1458号・2/25発行

メールはこちらへ
Google
 
Webを検索 サイト内を検索



■労働新聞最新号(2/25)
・解説/社内外で強まる財政拡大論 米国の圧力で危機深まる
17春闘に際して訴える(森山 康平)

■労働新聞(2/15)
・社説/米トランプ新政権下の日米首脳会談 さらなる亡国の道に踏み込む安倍政権を打ち破ろう

■労働新聞(2/5)
2017新春講演会・旗開き/党建設と闘いの前進誓う
 東海/労働者に寄り添い、強大な党めざし決意 情勢見通しの正しさ再確認
 近畿/闘いの提起受け、労働運動と党建設前進を 共産党の「野党共闘」鋭く批判

■労働新聞(1/25)
新春講演会・旗開き盛大に トランプ新政権成立など激動の内外情勢を展望
 「歴史を巻き戻す」米帝との闘いを呼びかけ
独立の政権めざし団結深める旗開き
 国益譲る安倍政権許せぬ( 鈴木 宣弘・東大教授)
 乾杯の音頭/国民運動で進路転換へ(自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人 西澤 清)
 独立の日本をめざす運動を(全日建連帯労組近畿地本委員長 垣沼 陽輔)
 生き様が問われる年(元神奈川県開成町長、日本大学教授 露木 順一)
 朝鮮敵視許せない(元衆議院議員、朝鮮の自主的平和統一を支持する日本委員会議長 日森 文尋)
 沖縄への支援さらに(関東沖縄経営者協会副会長 豊里 盛泰)
 新年に夢を忘れず(中小・零細経営危機突破川崎連絡会(Kネット) 小川 登/田村 輝夫)
 祝電・メッセージ
新春講演会・旗開き/九州 闘いの展望つかみ、党建設前進へ決意

■労働新聞
(1/1)
新春インタビュー/労働党中央委員会総政治部責任者 秋山 秀男同志に聞く
新春各界メッセージ
 岐路となる重要な年に(社会民主党全国連合党首・吉田忠智)
 
 力合わせ安倍政権に挑む(新社会党中央本部執行委員長・松枝佳宏)
 ルビコン川を渡らせまい(自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人・西澤清)
 不当な制裁撤回へ断固闘う(在日本朝鮮人総聯合会中央本部)
 憲法改悪許さぬ協働の闘いを(部落解放同盟中央執行委員長・組坂繁之)
 苦境を好機に転換できる(全国農業協同組合中央会会長・奥野長衛)
 労働条件改善に全力尽くす(全日本トラック協会会長・星野良三)
 政権打倒めざし闘う年に(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長 武建一)
 団結して国に異議唱え続ける(衆議院議員・仲里利信)
 アジアと真に互恵的な連携を(鈴木 宣弘・東京大学教授)
 消費税の税率を5%に(湖東 京至・元静岡大学教授、税理士)

沖縄県民との連帯強め、安倍政権を打ち倒そう
 全国と新たな日本へ力合わせたい 県民総ぐるみで闘い続ける(オール沖縄会議/稲福弘事務局長)
真の独立めざす世論を 植民地状態直視すべき
  (編集者、「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」著者・矢部 宏治)

労働運動は国民生活守る先頭に
 賃金・労働条件と公正取引を「闘争の両輪」に(JAM[ものづくり産業労働組合]宮本礼一会長)

 職場要求受け、24時間スト(臨港バス交通労働組合 小山 国正委員長)
 フジビ闘争/不当判決跳ね除け、大衆に闘いの意義伝える


■出版物
・深まる危機 激動の世界 われわれはいかに闘うべきか 2016年新春講演

政治理論誌「季刊・労働党」(2015年夏号)


・党創立30周年記念 大隈鉄二論文選(上・下巻)

■労働新聞取り扱い店
■書泉グランデ(4F) 東京都千代田区神田神保町1-3-2TEL:03-3295-0011
■模索舎 東京都新宿区新宿2ー4ー9 TEL:03-3352-3557