98年 インタビュー


12/15 吉野 文雄 拓殖大学海外事情研究所助教授
わが国は米国から自立せよ アジアと共栄共存すべき
11/25 平川 均 東京経済大学教員
深まる資本主義の危機 アジアと信頼関係築く好機
11/15 高山 憲之 一橋大学教授
国民負担増ねらう年金改革案 年金保険料の引き下げを
11/5 日比野 登 都留文科大学講師
東京財政危機問題 法人2税の引き上げ−−自治体は超過課税を実施せよ
11/5 徳住 堅治 日本労働弁護団幹事長
労働者派遣法改悪に反対を 労働者がレンタル制に
10/25 隅谷三喜男 東京大学名誉教授
新ガイドライン、沖縄−−問題今こそもっと国民的議論を
10/15 槙枝 元文 自主・平和・民主のための広範な国民連合代表世話人
国政を動かす国民連合を
10/5 石川元平 他 沖縄県教組委員長
沖縄 大田知事3選めざす闘い進む 安保破棄・基地撤去の闘いの前進を
10/5 前田 寿夫 元防衛研究所第一研究室長
安保破棄こそ日本の安全保障 東アジアに緊張生む新ガイドライン
9/25 高嶋 伸欣 他 琉球大学教授
共産党−−安保も天皇制も容認 政権欲しさに屈服深める
9/15 鈴木 保 他 厚木基地爆音既成同盟委員長
共産党−−支配層にますます恭順示す 政権欲しさに「安保容認」 その裏切りに批判が噴出
9/5 侘美光彦 立正大学経済学部教授
深刻な経済危機・「日本発」の可能性も 30年代の大恐慌に類似
8/25 林 義郎 日中友好議員連盟会長
日中平和友好条約20周年 アジア危機で両国の協力を−−友好発展が平和に貢献
7/25 秋元 樹 日本女子大学教授
米GMストライキ 「大競争」の犠牲押しつけ拒否
7/15 斎藤 恵子 杉並病をなくす会・常任委員
不燃ごみ処理を止める闘い 住民の86%に「症状」が
7/5 飯田経夫 中部大学教授
金融、税制改革など理不尽な米国の対日要求 対米追随打破は政治の課題
6/25 中江 要介 元中国大使
日中平和友好条約二十周年 条約守り内政不介入を
6/15 シッダールタ シン 駐日インド大使
非同盟諸国はインドの立場を理解 差別ない条約で核廃絶を
6/15 秋吉 拓史 「ちむどんどん」仕掛人1号
沖縄・名護市をモチーフに劇を上演 若者へ届け沖縄の心
6/5 野田 英二郎 元インド大使
米国の核の傘の下にいる日本 核軍縮のために安保破棄を−−インド、パキスタン核実験の意味するもの
6/5 松岡 環 南京大虐殺六〇カ年全国連絡会世話人
東条英機を賛美する映画―プライド 侵略戦争の「免罪」を許すな
6/5 高嶋 伸欣 琉球大学教授
教科書裁判・歴史認識 大論争で国民の理解を
5/15 市川 周 市川アソシエイツ代表
アジア経済危機−−アジアと共に繁栄する道を
4/25 加藤 毅 自主・平和・民主のための広範な国民連合事務局長
いよいよ国民連合の出番
4/15 藤井 治夫 軍事評論家
対米追随やめアジア重視を ガイドライン関連法案−−米軍補完の有事体制ねらう
4/5 古川 栄一 日本国際戦略センター代表
危機打開へ結束するアジア−−自主外交でアジアに貢献を
4/5 竹内 直一 元日本消費者連盟会長
貸し渋る銀行に税金使うな
4/5 吉沢 和之 中小建設業・東京
中小をなぜ切り捨てるのか
3/25 村松 孝次郎 静岡市商業近代化協議会事務局長
問題多い大店立地法−−地域での闘いこそ商店街守る
3/15 ムフシン・M.アリ イラク共和国代理大使
米国による非道なイラク経済制裁−−日本は制裁解除に努力を
2/25 新垣 善春 沖縄県平和運動センター議長
海上ヘリ基地建設反対!−−闘いをさらに前進させる
2/15 谷山 治雄 税制経営研究所所長
大企業優遇の年度予算案−−大銀行支援に税金を使うな
1/1 飯田 経夫 国際日本文化研究センター教授
98年日本経済の課題を問う−−危険な「規制緩和」万能論
1/1 岸本 聡子 A Seed Japan事務局
自分を変える 世の中を変える−−「環境」から世界をみつめる
1/1 山下 正雄 島唄ミュージシャン
沖縄の心を全国に
1/1 生田 卍 ロックミュージシャン
アジアに開かれた音楽を−−底辺の呼吸をロックで歌う


Copyright(C) The Workers' Press 1996, 1997,1998